ワードプレスには下書き保存をした際に
データを蓄積しておくリビジョンという機能が
あるのですが、

このリビジョンが蓄積すると、
データベースに不必要なデータが蓄積し、
サイトの表示速度に影響する可能性があります。

そんなリビジョンを削除するプラグイン
Better Delete Revisionの使い方について、
まとめてみました。

こんにちは、ごっちゃんです。

ワードプレスで記事を作成していると、
自動でデータが保存される、あるいは、自分で
下書き保存し、データを蓄積するケースがあります。

このデータが蓄積してしまうと、
不要なデータがどんどん蓄積してしまい、
サイト自体が重くなり、表示速度が遅くなる
可能性があります。

検索エンジンの評価の一つとして、
サイトの軽さというのがあります。

少しでも、検索エンジンからの評価を
上げる為にBetter Delete Revisionを使い、
不要なデータは削除し、サイトを軽くしていきましょう!

まず、リビジョンとは、
という事で、下記の画像を見て頂ければと思います。

ここに表示されているデータというのが
ワードプレスの中に保存され蓄積されていきます。

2、3カ月位、放置していたら、
結構な数で不要なデータが蓄積しちゃいますね(汗)

そこで、Better Delete Revisionの出番です。
使い方は超簡単!!

まずは、下記の画像のように
①プラグインをクリック
②新規追加をクリックしましょう。

画面が変わりますので、下記の画像のように
検索窓にBetter Delete Revisionを入力し、プラグインの検索を
クリックし、いますぐインストール⇒有効化の順にクリックして下さい。

次に、下記の画像のように
①設定をクリック
②Better Delete Revisionをクリックしましょう。

すると、下記の画面になりますので、
赤枠部分のCheck Revision Postsをクリックして下さい。

すると下記の画像のように
蓄積されたリビジョンデータが表示されます。

そのまま下にスクロールして、
下記の画像の赤枠部分をクリックしましょう。

下記の画像のように表示されていれば、
リビジョン削除は完了になります。

基本的に、Better Delete Revisionは
リビジョンが溜まってきた時にだけ使用しますので、
リビジョン削除が完了すれば、

停止し、削除して頂ければと思います。

ワードプレスのプラグインも
数が少なければ少ない程、サイト自体が
軽くなりますので、使わない時は、削除しておきましょう。

以上で、ワードプレスのリビジョンの削除のやり方についての
解説は終了になりますが、少しでも、検索エンジンの評価を
上げたいのでしたら、可能な限り、

サイトは軽い状態にしておくのがベストだと言えます。

ですので、今回、紹介したリビジョン削除についても
定期的にやって頂ければと思います。