WordPressプラグイン『All in One SEO Pack』は主に
個別記事の説明文を入れたり、

記事のタイトルとは別のキーワードを
入れる事によって、検索エンジンに拾ってもらう為の
プラグインです。

要は、SEO対策に重要な役割を果たしますので、
是非、導入しておきましょう!

こんばんは、ごっちゃんです。

ワードプレスの拡張プラグインは
数えきれない程あるんですが、

その中でも特に重要なものだけを
紹介していこうと考えてまして、

今回、紹介する『All in One SEO Pack』
検索エンジン対策には欠かせないプラグインですので、

その具体的な設定方法と使い方について
お話したいと思います。

まずは下記の図のように
プラグイン⇒新規追加の順にクリックしましょう。

検索窓にAll in One SEO Packと入力し、
インストール⇒有効化をしましょう。

有効化出来たら左上の方に
All in One SEOと表示されてますので、
General Settingをクリックして下さい。

画面変わって、少し下にスクロールすると
ホームキーワードなどを入力する欄があるので、
サイトタイトル、説明文、キーワード(キーワードは半角カンマで区切って下さい)を入力しましょう。

他にもカスタマイズできる部分はありますが、
特にデフォルトでも問題ありませんので、
分らなければ、そのまま下記の図の赤枠部分を
クリックして下さい。

基本の設定はこれで完了なのですが、
ここからが重要でして、

『All in One SEO Pack』を導入する事で
個別記事の説明文、キーワード、検索エンジンに
認識して貰う為のタイトル入力する事が出来ます。

例えば、この記事のタイトルは
All in One SEO Packの使い方と設定方法について
なんですが、

下記の図のように検索エンジンに認識して
もらう為のタイトルには別のキーワードを入れる事で
より検索にひっかかりやすくする事が出来ます。

特にディスクリプションタグ(説明文)は
重要でして、重複コンテンツを避けるという意味でも
ここはしっかりとどんな記事なのかしっかり書く必要があります。

説明文に記事タイトルに入らなかった
キーワードを入れる事により、

検索エンジンからのアクセスが増える事が
ありますので、All in One SEO Pack部分の
記事タイトル、説明文、キーワードはしっかり
入れていきましょう。

以上で、『All in One SEO Pack』の設定方法と
使い方についての解説は終了になるんですが、

プラグインも頻繁にバージョンアップするものが
あって、『All in One SEO Pack』も頻繁に更新して下さい
という通知が出てきます。

ずーっと旧のバージョンを使う事で、
効果が半減してしまいますので、

更新のお知らせが表示されていたら
直ぐに更新するクセをつけて下さいね。