FFFTPとは、インターネット上に
データをアップロードしたりダウンロードしたり
するもので、

自分が利用しているレンタルサーバーに
Webサイトをの更新をアップロードしたり、
特典ファイルなどのデータファイルをアップロード
する事が出来ます。

今回、そのFFFTPの設定方法と使い方について
図解入りで解説したいと思います。

こんばんは、ごっちゃんです。

ネットビジネスをやるなら
FFFTPは必須のツールになりますので、
是非、使い方をマスターし、使いこなせるように
なりましょう!

FFFTPの設定方法について

まず、FFFTPのダウンロード方法ですが、
下記のリンク先にアクセスしましょう。

FFFTP ダウンロードはコチラ(窓の杜)

サイトにアクセスしたら、
下記の画像の赤枠部分をクリックし、
ダウンロードして下さい。

ダウンロード後、インストールを完成させると
下記の画像のようにデスクトップにアイコンが
表示されます。

ここまで出来たら次はサーバー情報を
設定します。

今回は僕がメインで使っているXサーバーを
例に解説しますね。

まず、Xサーバーを開設したら、
下記のようなメールが届きますので、
赤枠部分のFTPサーバー、FTPユーザー、FTPパスワード
をコピペしましょう。

次にFFFTPをダブルクリックで立ち上げ
新規ホストをクリックして下さい。

■ ホストの設定名 任意の文字を入力して下さい(ハムですなど)
■ ホスト名(アドレス) 先程のメールのFTPサーバーを貼りつけます
■ ユーザー名 FTPユーザーを貼りつけます
■ パスワード FTPパスワードを貼りつけます
■ ローカルの初期フォルダ デスクトップを選択します。

ここまで出来たら、下記の画像のように
接続をクリックして下さい。

接続が完了すると下記のようになります。
左側がローカル(デスクトップ)で右側が
サーバー情報になります。

FFFTPでは、このサーバー側に
データをアップロードする形になります。

FFFTPの使い方について

FFFTPは基本、サーバー側にある
ドメインにデータをアップロードする事が
大半です。

まず、アップロードしたいドメインを
クリックしましょう。

Xサーバーの場合、下記の画像のように
public_htmlというフォルダをクリックして下さい。

あとは、下記の画像のように
>ローカル側からアップロードしたいデータを
サーバー側にドラッグして移すだけです。

アップロードしたファイルについては、
下記の記事を参照して頂ければと思います。

ダウンロードリンク(URL)の作り方について

以上で、FFFTPの基本的な設定方法と
使い方についての解説は終了になりますが、

ネットビジネスをやっていくなら
FFFTPは必須のツールですので、是非、
使いこなせるようになりましょう!