HTMLサイト作成ツールSIRIUS(シリウス)の
カスタマイズ講座という事で、

今回はサイトマップの送信方法について
解説したいと思います。

サイトマップを送信する事で、
インデックス促進、アクセスアップにも
繋がりますので、しっかりマスターしておきましょう!

こんばんは、ごっちゃんです。

意外とシリウスでグーグルウェブマスターツールの
登録からサイトマップの送信まで、

出来ていないケースがあるみたいですが、
簡単に出来ますので、是非、参考にして頂ければ
と思います。

SIRIUSサイトのウェブマスターツールの登録方法

まず、グーグルウェブマスターツールに
サイトを登録して下さい。

下記の画像のように
サイトの追加をクリックしましょう。

下記の画面に変わりますので、
URLを記入し、続行をクリックして下さい。

下記の画像のように
おすすめの方法⇒このHTMLファイルの順にクリックしましょう。

ファイルがダウンロードされますので、
今度はダウンロードされたファイルを
FFFTPでサイトにアップロードして下さい。

アップロードが完了したら
ウェブマスターツールに戻り
確認をクリックすれば登録完了です。

サイトマップの送信方法

ウェブマスターツールの登録が完了したら
次はサイトマップを送信しましょう。

サイトマップを送信する前に
シリウスでサイトマップが生成されているか
確認しておきます。

サイトオプションをクリックして下さい。

下記の画像の赤枠部分のように
表示されていればサイトマップは生成されています。

下記の画像のようにサイトのリンクをクリックしましょう。

画面が変わりますので、下記の画像のように
サイトマップをクリックして下さい。

サイトマップの追加をクリックしましょう。

①枠の部分にsitemaps.xmlを記入
②サイトマップを送信をクリック

これで、シリウスサイトのサイトマップ送信は
完了になります。

サイトマップの送信は1度だけでオッケーです。

一度、送信しておけば、あとはGoogleが
自動的にサイトマップを更新していきます。

ただ、サイト全体に大きな変更を加えた場合は
サイトマップを改めて送信する事をオススメします。

以上でSIRIUSのウェブマスターツールの登録から
サイトマップの送信までの解説は終了になりますが、

これをやっておくのと、しないのとでは、
アクセスに雲泥の差が生まれてしまいます。

せっかく、一生懸命にサイトを作っても
アクセスが来なければ意味がありませんので、

SIRIUSでサイトを作成した時は
必ず、ウェブマスターツールに登録し、
サイトマップを送信しておいて下さいね。