ブログ記事を早く検索エンジンに
インデックスさせたい時に利用したいのが、
feach as google(フェッチアズグーグル)です。

今回、グーグルウェブマスターツールでの
feach as google(フェッチアズグーグル)
でURLインデックス登録送信する方法について
図解入りでまとめてみました。

こんばんは、ごっちゃんです。

ブログ記事を更新したのに
なかなか検索エンジンにインデックスされない!

という悩みを抱える事って
あると思うのですが、

今回、紹介するグーグルウェブマスターツールの
feach as google(フェッチアズグーグル)を利用する事で
通常よりもインデックスされまでの期間が短縮される事が
多いので、是非、使い方をマスターしましょう!

URLインデックス登録送信方法について

まず、ウェブマスターツールにアクセスし、
対象のドメインをクリックしましょう。

①クロールをクリック
②Feach as googleをクリックして下さい。

画面が変わりますので、下記の画像のように
①記事URLを入力
②取得をクリックしましょう。

すると下記のように表示されます。

次に下記の画像の赤枠部分の
インデックスに送信をクリックしましょう。

すると下記の画面になりますので
①記事のリンク先がなければ、このURLのみをクロールするを選択
②OKをクリックして下さい。

下記の画像のように表示されていれば、
feach as google(フェッチアズグーグル)での
URLインデックス登録送信は完了になります。

また、成功しましたをクリックすると、
クローラーが巡回するソースを見る事が出来ます。

feach as googleの回数制限について

feach as google(フェッチアズグーグル)
でURLインデックス登録送信し過ぎると、
スパム判定にならないか!?

という疑問が浮かんでくるかもしれませんが、

■ URL:1週間に500回まで
■ URLと全てのリンクページ:1週間に10回まで

と上限が定められており、
制限内でしたら、特にスパム判定を
受ける事はありませんので、

ブログ記事を更新したら、
インデックス送信する事をオススメします。

feach as googleの有効性について

ここ最近、インデックスが遅いと感じる事は
ないでしょうか?

特に、新規ドメインや、ドメインエイジの若いものは
インデックスされるまで、数日かかるケースがあります。

ページランクが上がり、
ドメインエイジを重ねる事で、
インデックス速度は速くなっていくのですが、

それまでの期間は、なかなかインデックスされない
という悲しい現象が起きます。

今回、紹介したfeach as google(フェッチアズグーグル)を
使う事により、インデックスされるまでの期間が短縮されるケースが
多いので、是非、使って頂ければと思います。