ブックメーカー投資 ギャンブル 投資

ブックメーカーはギャンブル?それとも投資?

こんにちは、ごっちゃんです。

 

ブックメーカー投資については、そ
前回の記事でご理解して頂けたかなと思います。

 

ところで、あなたはブログタイトルの中にある
「ブックメーカー投資」という言葉に疑問を持たれたかも知れません。

 

「ブックメーカーの賭けは、ギャンブルじゃないの?」

 

その疑問、ごもっともです。

 

確かに、ブックメーカーで行われている、
「スポーツの試合の結果を予想して賭け、
当たったら、オッズに応じた金額が払い」戻され、
逆に外れたら、掛け金を失う。」

 

この行為自体は、ギャンブルといえます。

 

これは、ギャンブルといえますが、
ここに以下の条件が加わったら、
どうでしょうか?

 

 

 

@試合のデータを精査する事で、勝率をかなり高める事が出来る。

 

Aもし予想が外れてもリスクを最小限に抑える方t追えば法を知っている。

 

これなら投資と言っても問題なさそうですね。

 

例えば、株式投資と比べるとわかりやすいと思います。
株式投資では、企業の業績などのデータを精査して、
投資する銘柄を選定していきます。

 

 

同じようにブックメーカー投資でも試合のデータを精査する事で、
賭ける試合を選定出来ます。

 

また、株式投資では、投資した銘柄が予想に反して値下がりした時など、
一定以上の損失を避けるためにある時点で売却し、リスクをコントロールします。
いわゆる損切りですね。

 

同じように、ブックメーカー投資でも、予想が外れてもリスクをコントロール出来ます。

 

このように考えると、投資するのが株かスポーツの試合か、という点以外には、
実は大きな差はない事に気づきますね。

 

 

★まとめ★
ブックメーカーは、勿論、ギャンブルとして楽しむ事も出来ますが、
やり方によっては立派な投資になりえるのです。


トップページ 目次 プロフィール