ブックメーカー投資 他の投資 違い

ブックメーカー投資と他の投資どう違うの?

こんにちは、ごっちゃんです。

 

投資と言えばあなたは何を思い浮かべるでしょうか?

 

株・FX・・・。最近は仮想通貨投資も何かと話題ですよね。

 

では、そんな他の投資と比べて、
ブックメーカー投資にはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

初期投資費用がたったの20円

 

ブックメーカー投資の大きな特徴に、最低投資金額の低さが
挙げられます。

 

ブックメーカーで賭ける事を「ベット」って言いますが、
1ベットに必要な最低金額は0.2ドルです。

 

1ドル100円と考えると、日本円で20円ですね。

 

これがFXになると、通貨にもよりますが、
1口数万円は必要です。
投資信託だと十数万円、株式だと数十万円くらいですね。

 

 

したがって、例えばお父さんがなけなしの小遣い1万円を
2〜3万円に増やしたいと思ったら、ブックメーカー投資が最適なのです。

 

勿論、慣れてきたら、資金を増やして問題ありません。
僕も1万円から初めて、今では十万円の資金で運用しています。

 

特別な知識はほとんど必要ない

 

 ブックメーカー投資では、サッカーやテニスなどの身近なスポーツが対象の賭けになっているので、特別な知識がほとんど必要ありません。 

 

勿論、サッカーやテニスの知識があるに越した事はないのですが、
実際のところそれらの知識がほとんどなくても、高確率で勝ててしまいます。

 

 僕は主にテニスの賭けをしていますが、いまだにテニスのルールはほとんどわからないですし、始めた頃は選手の名前さえわかりませんでした。

 

 

 これに対して他の投資ではどうしてもいろいろと勉強しなければならないですよね。
例えばFXであれば、チャートのや読み方や経済指標、株式では企業の決算資料の読み方や
分析の仕方などさらに勉強すべき事が増えてきます。

 

 

 そう考えると、「しっかりルールを守って投資すれば知識がほとんど無くても勝てる」というのはブックメーカー投資の大きなメリットですね。

 

特別な手間も殆ど必要ない

 

 知識が必要ないという事は、手間もかかりません。投資のルールさえ覚えておけば、後はそのルールで決められた条件に従って賭けるだけになります。時間にすれば、長くて30分、短ければ10分くらいで終わらせる事が出来ます。

 

 これに対してFXや株は、チャート分析や銘柄分析などそれなりに手間がかかります。
僕の友人は株をやっていますが、「週末は1日中、会社四季報で分析している」と言ってました。
 他にも探せば違いはあるのですが、いずれにしても投資の中でも稼ぎやすいのです。

 

 

 

 

 

 

 


トップページ 目次 プロフィール