ブックメーカー投資 税金

ブックメーカー投資の税金ってどうなるの?

 利益には税金が賭けられるのが常ですが、
ブックメーカー投資で利益が出た場合の扱いはどうなるのでしょうか?

 

その前に大前提としてなんですが僕は税理士ではないので、
ここでは一般的な範囲でのお話をします。

 

なぜなら、日本国内では税理士以外の人間が、
税金についてアドバイスや指示をする事は禁止されているからです。

 

 

 

 宝くじやtotoは非課税、つまり税金はかかりません。しかし、これは特例です。
日本の所得税法では、基本的に、ギャンブルでの収入は一時所得であるとされており、
税金がかかる事になっています。

 

 例えば、競馬・競輪・競艇などの払い戻し金にもこの規則が適用されます。
また、日本の永住者の場合は「全世界所得課税」といって、国内外で得た全ての所得に対して
課税されますので、オンラインカジノや海外カジノで得た利益も、やはり一時所得として、課税対象になります。

 

 と、ここまで説明すれば結論はもうお分かりでしょうが、
ブックメーカー投資で得た 利益についても当然、一時所得となり課税されます。

 

 そのため、その年の1月1日から12月31日までの1年間で得た利益に対して、
翌年の2月16日から3月15日までに確定申告する形になります。

 

 確定申告する際はきちんと税務署または税理士に相談して、正しい納税をしましょう。

 

 その前にいくら稼いだら相談しなくちゃいけないのか?って話なんですが、これはブックメーカー投資での利益が、課税所得に相当するかどうかによります。

 

一時所得の課税対象額の計算方法は
(総収入金額ー支出金額ー特別控除額年間最高50万円)×1/2
です。

 

 もしあなたが10万円の資金で100万円を稼いだとすると、
 (100−10−50)×1/2=20
で20万円が課税対象になります。ここまではいいですよね?

 

という事は、10万円で60万円までが、
税金がかからないギリギリのボーダーラインになります。

 

ただ、競馬やパチンコで稼いでいる人が、全員確定申告しているか?
というと、正直疑問があります。

 

 

結論なんですが、僕としては、
納税はしっかりやりましょう(`・ω・´)
…としか言えません。

 

冒頭でも言いましたが、僕は税理士ではないので、
一般的な知識の範囲でのお話になります。

 

もっと詳しく知りたい場合や、
納税しなければならないくらい利益を出してしまった場合は、
税理士に相談してみる事をオススメします。
案外数ヶ月後にその必要性が出てくるかも

 

 


トップページ 目次 プロフィール