ブックメーカー投資 危険

ブックメーカー投資は危険なのか!?

ネットでブックメーカー投資と検索すると
よく見かけるのがブックメーカー投資危険
というキーワードです。

 

 

だいたい内容を見ていると、
業者によって、アカウントが凍結されたり、
出金が出来ないというトラブルが多いようですが、
では、ブックメーカー投資自体は危険なのでしょうか?

 

どうも、ごっちゃんです。

 

まず、結論から言いますと、
きちんと自分のルールを守って、
資金管理さえ出来れば、
ブックメーカー投資は危険ではありません。

 

業者にしても、
ピナクルスポーツやbet365などの
大手の業者でしたら、出金トラブルはありません。

 

僕はピナクルスポーツを使っていますが、
出金出来なかった事は一度もありませんし、
特に、トラブル的なものはありません。

 

業者選びという点については、
ピナクルスポーツかbet365にしておけば、
特に危険という事はないでしょう。

 

 

危険なブックメーカー投資業者の見極め方について

 

 

では、それ以外の危険要素なんですが、
1日に何試合もベットして、
ここで熱くなってしまうようでは、
ブックメーカー投資自体、
やらない方がいいと思います。

 

 

特に、負けた後が重要で、
負けた時に負けた分を取り戻そうという意識が
働くと、無茶なロットで賭けてしまったり(マーチンゲールと言います)
してしまうと、あっという間に資金はなくなります。

 

 

少なくとも、勝率が80%以上でしたら
同額をずーっとベットし続けている限り、

 

トータルで資金は増えていきますので、
負けたからと言って、
安易にマーチンゲールに走らず、
淡々と次のチャンスを待つ姿勢が必要に
なります。

 

まー、結論を言いますと、
勝率を最低でも60%以上にして、
マーチンゲールさえやらなければ、
ブックメーカー投資は危険という事では
ないという事です。

 

 

僕も始めた頃にマーチンゲールをやってしまって
エライ目に合いましたんで、
マーチンゲールだけはやらずに、
コツコツ淡々とやっていく事が重要になってきますね。


トップページ 目次 プロフィール