公務員 副業

公務員でも副業できるの?副業禁止でもばれないおすすめを大公開!!

最近では、奈良県や神戸市で公務員の副業を容認する流れになっており、徐々に公務員でも副業をしてもいいという時代になってきています。
とはいえ、やはり公務員、基本的には副業は禁止されていますよね。

 

 

ただ、だからと言って、素直に副業をせずに本業だけ頑張っても給与が上がるわけでもありませんし、報われることはありません。
それが現実です。

 

 

 

 

僕自身の会社も副業禁止でしたが、仕事を頑張っても給与が上がらないことを知ったため、会社にバレないように副業に取り組むことにしましたし、結果、その選択は正解だったと思っています。


 

今回は、副業禁止規定や副業が禁止されている公務員が副業をしたいと思った時に、どうすればいいのかについてわかりやすく解説していきます。

 

公務員だけど副業をしようかどうか、迷われているあなたは、私自身が副業禁止だったサラリーマン時代に稼いだ方法にも触れていますので、じっくり読んで参考にしてみてくださいね。

 

 

 

公務員でも副業できるの?副業規定ってどうなっている?

 

 

一般企業は、副業禁止はあくまで会社の規定、ルールである場合が多いんですが、
公務員の場合は、法律で禁止されています。

 

その副業禁止規定は国家公務員と地方公務員で別々に規定されています。
では、それぞれ内容を見ていきましょう?

 

  • 国家公務員:国家公務員法第103条、104条

 

  • 地方公務員:地方公務員法第38条

 

 

国家公務員は、第103条で営利企業への就職と自営業が禁止、また、非営利企業の就業の許可制が規定されています。
地方公務員も、地方公務員法第38条で同じく、営利企業への就職と自営が禁止されていますね。

 

なので結論から言うと、「基本的に公務員は副業ができない」ということになります。

 

ただ、最近では公務員の副業も規制が緩和されつつありますので、これらの規定も変わるかもしれません。

 

 

副業禁止の公務員が副業したい場合はどうすればいいの?

 

 

公務員の副業が法律で禁止されている以上、公に副業をおすすめするわけにはいきません。

 

 

いけませんが、この文章を読まれているということは、やはりもう少しお金を稼ぎたいと、あなたは思っているしょうから、どうすればいいのかもお話していきます。

 

 

もし、副業禁止の公務員が副業をしたいのであれば、考えられる選択肢は以下の2つです。

 

 

  • 公務員から一般企業に転職して副業を行う
  • 公務員でもできる副業に取り組む(後述しています。)

 

 

法律で禁止されている以上、おすすめなのはもちろん前者です。
僕自身は会社で副業が禁止されていたのですが、お構いなしに副業を行っていましたので、同じ立場であれば、後者を選択するかもしれません。

 

 

しかし、公務員の副業が法律で禁止されているということを考慮すると、責任が持てないため、あくまで前者をおすすめします。

 

 

参考:副業おすすめランキング完全版!サラリーマン、女性、在宅で稼げる副業!

 

 

後者の選択肢がありえないのであれば、あとは「公務員という立場」か「満足いくほどの収入」、どちらを選ぶか、です

 

ただ、ここで考えて欲しいのは、副業をしたいと思っている時点で、公務員では満足いく収入が得られていない、ということですよね。

 

確かに、安定しているかもしれませんが、現状に満足できないのであれば、もっとよくなる選択をする、というのも1つの選択肢でしょう。
公務員にしても、会社員にしても、どれだけ一生懸命働こうが、限界があります。

 

ただ、自分の手で稼ぐ「副業」という選択肢を加味すると、安定した公務員よりも、会社員+副業の方がはるかに収入の面では安定します。

 

 

公務員という立場がどうしても手放せないのであれば、仕方ありませんが、そこまで重視しておらず、お金をもっと稼ぎたいのであれば、会社員+副業の方が賢明な選択だと思いますね。

 

 

参考:副業禁止でも大丈夫!副業が”バレない対策”とごっそり稼ぐ方法を完全伝授!

 

 

公務員でもできる副業は本業に支障が出ない投資系!

 

 

基本的には公務員の副業は禁止されていますが、公務員でも許可を取らずに取り組むことができる副業は存在します。
それは、本業に影響をきたさない投資系の副業であり、不動産投資や株式投資などですね。

 

 

多額の初期費用がデメリットになる不動産投資

 

 

「5棟10室以内の不動産賃貸経営」であれば、公務員だとしても、管理を業者に委託することによって、副業として認められています。

 

 

許可されている理由として大きなものは、管理を業者に委託することによって、公務員としての職務に支障をきたさないという点と言えるでしょう。

 

また、公務員という立場上、信頼も大きいため、銀行から融資を受けやすいので取り組みやすいというのも1つのメリットですね。
家賃収入が非常に魅力的な不動産投資ですが、どうしても初期費用が何百万、何千万もかかってしまう点がデメリットですね。

 

 

もちろん、必ず稼げるわけでもなく、部屋を貸すことができなければ、家賃収入は発生しませんし、リフォームや管理会社へもお金を払う必要が出てくるため、一筋縄ではいきません。
もし、リスクなくお金を稼ぎたい、というのであれば不動産投資はあまりおすすめできません。

 

参考:ネット副業ランキング2019完全版!月収50万稼ぐなら何がおすすめ?

 

 

不動産投資よりも初期費用が少ない株式投資

 

 

不動産投資と同様に、株式投資も公務員の副業として認められています。
というのも、株式投資も基本的には投資をするだけで、本業の業務に支障をきたさないと考えられているからです。

 

 

株式投資のメリットは不動産投資よりも少ない額で始めることができる点です。

 

また、投資の一種であるFXや、最近人気のバイナリーオプションも、本業に支障が出ない範囲では認められていますが、チャートが気になって本業中にもスマホを触ってしまう、といった場合には禁止されてもおかしくありませんね。
なお、不動産投資にせよ、株式投資にせよ、元手の資金がなければお金を増やすことができないのも事実です。

 

 

そのため、元手資金がない方は資金なしでも取り組むことができる副業にバレないように取り組むというのも1つの手段といえうるでしょう。そのため、元手資金がない方は資金なしでも取り組むことができる副業にバレないように取り組むというのも1つの手段といえうるでしょう。

 

 

公務員は禁止だけどバレないように稼ぐならおすすめの副業ランキング

 

 

不動産投資や株式投資は本業に支障が出ない範囲で認められている副業ですが、資金がないことには、取り組むことはできません。

 

 

もし、資金なしで副業で稼ぎたいという場合は、バレないように稼いでいくしかありません。

 

 

もちろん、対策をしておくことで、バレずに稼ぐことができますので、全く問題はありません。

 

公務員の方が副業をする上で重要なのは、決して本業に支障をきたさないことと、副業で稼いでいることを周りに言わないことです。(周りの漏洩が一番バレやすいので注意!!)

 

 

それらを踏まえた上で、バレずに稼げる公務員におすすめの副業をご紹介していきますね。

 

 

ブログやサイトで商品を紹介して報酬を得るアフィリエイト

 

 

人気の副業の1つであるアフィリエイトは完全に在宅でできるため、職場にもバレないおすすめの副業と言えるでしょう。

 

ただ、ないと思いますが、アクセスとかが気になって、会社のパソコンで、見ないで下さいね(苦笑)

 

 

アフィリエイトの仕組みはブログやサイトで商品やサービスを紹介し、それが成約した時に報酬が発生するビジネスモデルになります。

 

 

アフィリエイトの最大の魅力は、パソコン1台でできるため初期費用もほとんどかからず、失敗しても赤字のリスクがない点です。
それでいて、月に50万円でも100万円でも大きな額を稼ぐことができるため、非常にローリスク・ハイリターンのビジネスと言えるでしょう。

 

 

ただし、アフィリエイトのデメリットはどうしてもブログやサイトにアクセスが集まり始めるまで時間がかかってしまうことです。
稼げるようになるまで3ヶ月?半年以上かかるのが普通であるため、簡単に稼げると思って始めた人のほとんどが挫折してしまっています。

 

 

 

 

実は、僕もその一人です(苦笑)


 

もちろん、継続してブログやサイトを運営していくことで、アクセスが集まり出して、収益が上がり始めます。
初期費用をかけずに稼ぎたい、稼げない期間があったとしても継続することができる、というのであれば、取り組んでみる価値はあるビジネスでしょう。

 

参考:

 

 

ブログやサイトにアクセスを集め、広告収入を得るGoogleアドセンス

 

 

アフィリエイトはブログやサイトで商品を紹介して、成約すれば報酬が入るビジネスですが、Googleアドセンスの場合は少し報酬の仕組みが異なります。

 

 

Googleアドセンスは、ブログやサイトに広告を貼り付け、それがクリックされることで報酬が発生するビジネスモデルです。

 

「商品を売る必要がない」という意味で、アフィリエイトよりも難易度が低く、取り組みやすいと言えるでしょう。
Googleアドセンスでは広告をクリックしてもらうことで報酬が発生するため、ブログやサイトにアクセスを集めることに集中することが稼ぐ上でのキモとなります。

 

 

そのため、ブログやサイトのジャンルはアクセスを集めやすいトレンド系やイベント系、季節系のものが中心となっています。
ただし、Googleアドセンスの場合は、広告のクリックにより報酬が発生するため、報酬単価が少ないという点で大きな報酬を稼ぐのは難しくなります。

 

あと、ブログに書く記事を書くのに、時間がかかるのも、欠点ですね。
教材とかには、1日30分、たった1記事で・・・と謳っていますが、そこまでたどり付くには、結構、経験が必要です。

 

 

 

 

それで、僕も挫折しました・・・。


 

 

アフィリエイトで稼ぐのが難しそう、商品を売るのが難しそうという方は、このGoogleアドセンスから始めて、アフィリエイトにステップアップしていくのがおすすめ。

 

 

まずは、ブログやサイトでお金を稼ぐ経験を積んで、その経験をもとに報酬の大きいアフィリエイトに挑戦するのが最も理にかなっているでしょう。

 

 

商品を安く仕入れて高く販売する転売ビジネス

 

 

商品を安く仕入れて高く販売する転売ビジネスもおすすめです。

 

 

転売ビジネスがおすすめできる理由の1つとして、ネット上でモノを売買するとはいえ、根本的には安く仕入れて高く販売するという商売の原則、シンプルなビジネスモデルであり、取り組みやすいという点につきます。

 

仕入れが必要となるため、アフィリエイトやGoogleアドセンスよりもお金が必要になりますが、それでも、アフィリエイトやGoogleアドセンスに比べて、早く稼ぐことができてしまうのは魅了的です。

 

取り組み始めて3ヶ月後には月に30万円や50万円、100万円を稼いでしまう人もいるほどです。

 

 

この転売ビジネスも顔出しをすることはありませんので、バレてしまうリスクが非常に少ないので、安心して取り組むことができます。

 

 

アフィリエイト、Googleアドセンス、転売ビジネスなどのネットビジネスは公務員には禁止されていますが、それでも、バレずに稼ぐのであれば、間違いなくおすすめできるビジネスと言えるでしょう。

 

 

 

 

副業は稼げるかもしれないが、公務員は「本業」が一番大事!

 

 

公務員でもできる副業、バレずに稼ぐおすすめの副業をご紹介していきましたが、副業はあくまで副業です。

 

 

株式投資や不動産投資が公務員でもできる副業として認められているのは、「本業に支障をきたさない副業」だからです。
つまり、あくまで公務員の仕事はあくまで本業であり、副業中心になってしまい、本業がおざなりになってしまっては本末転倒。
そのため、副業に取り組むのであれば、平日の仕事が終わってからであったり、休日の仕事が休みの時にしましょう。

 

 

確かに、稼げるようになると副業の方が少ない時間で大きなお金を稼げるようになるため、本業よりも力が入る気持ちはわかります。

 

 

ただ、それが本業の仕事中にも影響を及ぼすようであれば、言動や態度、仕草から副業をしていることがバレてしまうかもしれませんので注意が必要です。

 

 

 

サラリーマン時代に副業で月3万円以上稼いでいた方法とは?

 

 

本来であれば、「公務員でもバレない副業」をお伝えしたいところですが、公務員の副業が法律で禁止されている以上、それを助長する表現は控えます。
もし、公務員ながら副業をするのであれば、最悪の事態も予測して、自分に責任を持って取り組んでみてください。

 

 

 

 

 

あくまで、「会社員+副業」をするとして、私自身がサラリーマン時代に副業で月に3万円以上を稼いだ方法をお話していきます。


 

 

サラリーマン時代に最初に取り組んだ方法は「自己アフィリエイト」です。「A8ネット」や「ハピタス」などのサイトで、クレジットカードや銀行の口座を
開設し、2時間ほどで、4万円程稼げました。自己アフィリエイトの方法については下記のページで詳しく説明しています。

 

 

 

そして、いろいろと回り道をした後に取り組んだのが、「ブックメーカー投資」です。
5万円の資金からはじめ、1カ月目で最大28連勝をして、月3万円程度稼ぎました。

 

そして、その元手を少しずつ増やし、10万円の資金で月10万円をコンスタントに稼げるようになりました。

 

 

このブックメーカー投資の良い所は、1万円程の少額の資金から始められる所と、1日10分程度の作業で、
完了する所です。

 

 

不動産投資や株式投資は少なくとも、10万程度の資金が必要です。
また、アフィリエイトや転売などは、リサーチや記事の更新などで時間がかかります。

 

 

それと比べて、ブックメーカー投資は本当に10分程の作業で完了します。

 

 

参考:ブックメーカーとは?

 

 

ブックメーカー投資で稼げるようになってからは、その方法をいろんな人に知ってほしくて、情報発信もしています。

 

 

 

 

まとめ

 

 

  • 公務員の副業は法律で禁止されているため、公務員をしながら副業をするのは少しリスクが大きい。
  • もちろん、バレずに副業を行うという手もあるが、おすすめするのは、一般企業に転職して副業を行うこと。

 

 

なお、副業をするのであれば、僕自身がサラリーマン時代に取り組んだ流れである自己アフィリエイト→ブックメーカー投資が最も簡単でおすすめです。

 

 

 

 

関連ページ

サラリーマンが副業で稼ぐために必要なものを最初から丁寧に
サラリーマンが副業で稼ぐために必要なものについて、お話しています。
副業で稼げないのは全て自分のせいです
副業で稼げないのは他人ではなく、自分のせいである事実についてお話しています。
副業・ネットビジネスで稼ぎたいなら1人の人を信じて付いていこう
ネットビジネス・副業で稼ぎたいと思って、いろいろ情報を集めたけど全然稼げていないというあなた!!解決方法を大公開
副業で大きく稼ぎたいなら親や友人の言うことを聞いてはいけない
副業で稼ぎたいなら、親や友人の言うことを聞いてはいけないという真実に迫ります。
副業のネットビジネスで稼げない人は諦めるのが早すぎるよ
ネットビジネスを始めてすぐにあきらめる人は稼げない現実についてお話しています。
ネットビジネスで稼げない人の特徴とは?ネットビジネスで生活する為の超起業術を大公開
ネットビジネスで稼げない人の典型的な特徴についてお話しています。

TOPページ 目次