ブックメーカー投資 違法

ブックメーカー投資は違法?法律的には大丈夫?

ブックメーカー投資は法律的にはどうなのでしょうか?

 

 

日本国内にブックメーカーが存在しない理由

 

 

 ご存じの通り、日本ではカジノが刑法により禁止されています。
闇カジノなどが摘発されるニをュースを頻繁に見る事がありますよね。
ですから、日本国内では、競馬や競輪など特別に認められているものを除いて、
いわゆる「ギャンブルの胴元」を商売にする事は出来ません。

 

 パチンコはどうなんだ、とあなたは思わあれるかも知れませんが、 
パチンコは遊戯であって、パチンコ店が玉を直接換金する事はやはり法律違反になります。
日本国内にブックメーカーが存在しないのも、こういう理由があるのです。

 

 

海外ブックメーカーの利用を取り締まる法律はない

 

 

 ただし、既にお伝えした通り、このブログで紹介するブックメーカー投資は違反ではありません。
何故なら、このブログで紹介するブックメーカーは、外国籍企業であり、そのサーバーも海外にあるため、その所在地の法律に沿って管理されているからです。

 

 また、そのサービスを日本人が利用する事に対しても、現在の所、特に決まりはありません。
つまり、ブックメーカー投資そのものを取り締まる法律は日本には存在しないのです。

 

 

ブックメーカー側が撤退する可能性は低い

 

 

 それでは、今後もこのような状況は続くと考えて大丈夫なのでしょうか?
まず、ブックメーカー側の事情について考えてみると、日本撤退などにより取引不能になる可能性は低いように思います。

 

 

 また、将来的に法改正などによって日本国内からブックメーカーの利用が禁止されるという可能性もゼロとは言えないのですが、実際にそうなってしまう確率は非常に低いように思われます。
 むしろ、現在の日本では、2020年の東京オリンピックに向けて、より多くの観光客を呼び込むため、IR関連の法整備が進められている状況です。

 

 まだ状況は不透明とは言え、全体的な方向としては、カジノ解禁に向けて動いているといえるでしょう。
 こうした一連の流れを考えると、今後日本国内において、ブックメーカーが禁止されるという事はなさそうですね。

 

 


TOPページ 悪魔のベット法